効果的な語りかけについて考える(3)

『効果的な語りかけについて考える』シリーズです♪

はじめての方はこちらから☆

効果的な語りかけについて考える~前置き~
効果的な語りかけについて考える(1)
効果的な語りかけについて考える(2)

なお、ベースはふうみんさんの記事ですが、私の勝手な解釈も含まれていて、必ずしもふうみんさんのお考えと一致しているとは限りませんので悪しからず。

あと、これから書くのは親子英語初心者の未熟者の私が考えた(推測した)ことであって、効果を保証するものではありません。
読んでいただき、ご意見やアドバイスなどいただければとっても嬉しいです。



さて、今回は『母国語としての語りかけ』について書こうと思います。



そもそも『母国語としての語りかけ』って何でしたっけ?


「特に発話を要求しない、言葉のシャワー」でしたよね。

ふうみんさんの記事『母国語としての語りかけ』&『外国語としての語りかけ』☆

『外国語としての語りかけ』との線引きはいつもはっきりくっきりできるわけではないと思います。

同じ親子間でも同じフレーズでも、状況によって『母国語としての語りかけ』になったり『外国語としての語りかけ』になったりすると思います。


ポイントは「発話を引き出すための語りかけかどうか」というところでしょうか。



そんな『母国語としての語りかけ』


私はインプットとしてアリだと思います。


単純に、言葉のシャワーのひとつだし、リスニング力や理解力にもつながるし、いつかきっと発話にだってつながりますよね。


その辺のバランスは、各家庭で状況によって調整したらいいですよね~。


というか、むしろこの部分を調整することによって、いろんな状況に対応できるんじゃないでしょうか。


英語ができるママや将来(または現在)英語が必須ならどんどんすればいいし、英語ができないママでも時間に余裕があればフレーズ集のフレーズをたくさん覚えて語りかけたらいい。

逆に、時間がなかったり普段は日本語を優先したいママや、子供が英語を拒否するようなときはしなければいい。

できる範囲でちょっとだけ取り入れるっていうのもきっといい。
(我が家はこのタイプかな)



そこで、『母国語としての語りかけ』を効果的な語りかけにできちゃうかもしれない方法をちょっと考えてみました(というか実践中)。


○ひとりごと

日本語でもひとりごとが多い人っていますよね。

私は少ないほうだとは思いますが、


あっ、ごはん作る時間だ!
何つくろっかな〜
(冷蔵庫の中を見ながら)
○○と△△があるから〜、□□つくろっかな♪

とか、

(出かけるときに自分のカバンの中を見ながら)
忘れ物ないかな〜?
携帯と〜、お財布と〜、タオルと〜、、、
あっ、鍵忘れてた!

みたいなことは言っちゃいます。


これを英語でつぶやいてたら、近くにいる子供の耳には入ってますよね。

直接語りかけて質問なんかすると子供に拒否されることもあるけど、ひとりごとをブツブツ言うくらい許してくれるんじゃないでしょうか。

どうでしょう。

ママは普通に英語話すんだな〜というのも見せられるし。

これだけで英語スイッチを入れられるときもありますよ〜


○自問自答

上のひとりごとに似てるけど、

1 How's the weather today? 今日の天気はどうかなー?
2 Is it rainning? 雨降ってるかなー?
3 Yes, it's rainning. あ、降ってるわー

1 What did you do at the playground today? 今日は公園で何して遊んだっけ?
2 Did you play on the slide? すべり台で遊んだ?
3 No, you played in the sandbox. いや、砂場で遊んだんやったわ♪

みたいな質問&答えをひとりごととして言うんです。

このような、決まった一連の自問自答(笑)を毎日のように言っていたら、そのうち2を言った時点でYes/Noを答えてくれるようになり、ちょっとした会話になります。

それが発展すると、1を言った時点で3の答えを言ってくれるようになります。

我が家ではなりました♪


ポイントは、1は5W1Hの質問にして、2はYes/Noで答えられる質問にすること。

そして、子供に質問されてると思わせないこと。

あくまでひとりごとで自問自答なのです。



○人形(または赤ちゃん⁉︎)が英語をしゃべる設定にする

これは実践されている方も多いかもしれませんね。

我が家では7ヶ月の娘が英語で会話してくれます(笑)


もともと生まれる前から(妊娠中から)息子は私が娘の声マネをしてしゃべると喜んでいて(この記事)、今は英語でしゃべることになっています。

これがなかなかいいんですよね♪


息子と私が2人で遊んでいるところに娘がやってきたりしたら、すかさず娘の声マネをスタート!

娘 Mommy! Mommy!
私 What?
娘 What are you doing?
私 We're playing with blocks.

みたいな会話をしたり(注:娘はしゃべりませんよ。私ひとりでしゃべってます)

娘 Mommy, I'm sleepy.
私 Oh, yes! It's time for bed!
娘 Oniichan, let's go to the bedroom.

のように、娘が息子に直接話しかけることも♪
(注:娘はしゃべりませんよ。私ひとりでしゃべってます)

息子はこの設定をけっこう気に入っていて、ちゃんとノッてくれます。

息子に何かをさせたい場合に私が誘ったら拒否されることもあるけど(お風呂入ろうとか絵本読もうとか)、娘が言ってる設定にするとすんなり受け入れてくれたりします。

おかーやんじゃなくてしーちゃん(妹)がゆって!と言われることも(笑)

もちろん、実際は私がしゃべっているということはわかってますよ。




私が思いつくのはこれくらいかなー。

他にも親子英語の先輩方はあの手この手で語りかけをされてるんだと思います。

こんな方法あるよーという方はぜひぜひ教えてください。

ママにも子供にもムリのない範囲で楽しめるといいですよね♪



以上、ほんとに長くなってしまいましたが、効果的な語りかけについて考えるシリーズは終了です☆

ちゃんと書けたかな〜?
尻すぼみになってないかしら(´∀`;)


お付き合いいただきありがとうございました♪


--------------------------
大阪で親子英語をされているママさんと3歳前後のお子さん。
英語で遊んだり情報交換などしませんか?
よかったらコメントください☆
--------------------------

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とってもスッキリ

このテーマの記事を読み進めて、まさにうちはこの両方の要素を取り入れた語りかけだったなとスッキリ整理がつきました!
ありがとうございます☆

私もミサさんの考えと同じく、各家庭にあったスタイルこそが、そのお家でのベストだと思います。
英語教材の選択もそうだし、使い方も、語りかけも、対象の人物とそれを使う人物が変わるんだから、各家庭で取り組みや考え方が違って当たり前なんですよね。

私はミサさんオススメのひとりごと大作戦、ミサさんにけっこういいですよ~って言われて以来めちゃくちゃ駆使しております(笑)

アウトプットが増えたいま、ものすごいひとりごとにノッてきてくれるし、最近では実際の私のひとりごと(日本語・英語ともに)が完全にうつって、自分でもブツブツひとりごとで会話しながら遊んでいます♪

分かりやすいです!

数回に渡る記事、ありがとうございました。とても分かりやすく、参考になりました。
特に今回の記事の「ひとり言」作戦はいいですね~。息子がまだ話せなくて小さかった頃は、日本語・英語問わずひとりごとをたくさん話していましたが、意思疎通ができるようになって以来、そういえば最近意識してはあまりしていなかったなぁと気づきました。発展すると、息子さんが答えてくれることもあるのですね!

我が家の場合、息子から言葉が出るようになってきて、最近「英語・日本語」がごちゃ混ぜになっていることがよくあり(例えば、「carあった。」というように)、逆に息子から英単語が混じって出てきた時点で英文で言い直す&補足で英文を加えて語りかけるというようなことをやっています。

ところで、娘さんの声を代わりに英語でというエピソードも、そのやり取りを想像するととても可愛いらしいですね♪

今回は分かりやすい記事をありがとうございました。これからもぜひ参考にさせて下さい。

ありがとうございます

長々とおつきあいいただきありがとうございます〜!
本当におっしゃる通りです。
先輩方のブログを読んでマネしたりするけど、100%同じようにうまくいくはずはなく、我が家には我が家に合ったスタイルでしかできないんですよね〜
だからずっと試行錯誤で、これをしとけば安泰♪みたいなものがなくて大変ですが、それを楽しいと思えるかどうかが成功の鍵のような気がします。
リュウくん、音声聞きました!萌え〜ですね♡
またコメントしにいきます♪
ひとりごと大作戦、お役に立てたようですっごく嬉しいです〜。
ケイさんにはいつも教えていただいてばかりなのでね〜

ありがとうございます

長々とおつきあいいただきありがとうございます〜!
書いてる途中、親子英語歴が浅く英語もできるわけではない私が何を書いてるんだっ!と何度もツッコミましたが、そんな風に言っていただけて救われます。笑
ごんごんくん、少しずつアウトプットが出てきたのですね♪
ルー語は誰もが?通る道ですよね。
うちの息子もいまだにあります。
言いたい内容に語彙が追いつかないのでまだまだしょうがないかなぁと思ってるんですが…
英文で言い直す&補足で英文を加えて語りかける…私にはハードルが高そうですが(笑)頑張ってみます。
ブログ拝見してますよ〜!いつも読み逃げですみません。
TOEICのスコアが970で、さらに満点を目指して努力されるなんて、眩しすぎます☆
更新楽しみにしています♪

こんにちは〜!

ミサさんこんにちは〜!さっそく遊びにきました☆‥といいますか、実はこの記事も何度か再読して参考にさせていただいています。(読み逃げしていてすみません(^◇^;)我が家も入園後に語りかけの方法をかえたのですが、まさにそれは母国語としての語りかけ(といえるほどのものでもなかったですが)から外国語としての語りかけへのシフトでした。そして外国語としての語りかけをしているときに、母国語としての語りかけもちょこっと入っている感じです。

ひとり言作戦よさそうですね☆さっそく実践することを考えています。あと赤ちゃん作戦もやってみたいと思っています!でもなぜかうちでは長女の中で次女は英語がわからない設定になっているので困りますが(^^;;

自問自答のやり方と似たような感じで、私は実況中継ごっこをしています。私が娘をみながら客観的に状態を解説したり、疑問文にして状態がわからないふりをしたり。そうすると思わず答えてしまったり、間違った解説をすると訂正したりしておもしろいです。

お子さんが2人とも同じ学年で、勝手にすごく親近感をもってしまっています(*^^*)これからどうぞよろしくお願いします☆長々とコメント失礼いたしましたm(__)m

ありがとうございます

さっそくこちらにもコメントを残してくださりありがとうございます♪
共通点がたくさんあり、とっても嬉しいです☆
子供たちの年齢もそうだし、使っているものもDWE、ORT、さわこ、、同じですね〜。
こどもえいごプロジェクトにも先日入会しました。
入園後に効率を考えるようになったり、下の子対策を練ったり、悩みも共通する部分がたくさんありそうです。
我が家はまだまだひよっこですが、よろしくお願いいたします♪

実況中継ごっこ、いいですね!
「ごっこ」という、ちょっとお楽しみ感があるほうが、きっと子供も入ってきやすいですよね。
やってみよう♪

長女ちゃんの中で次女ちゃんは英語がわからない設定なんですね〜
って、当然ですよね。笑
でもわからない次女ちゃんに教えてあげるというか、優しく語りかけるっていうのも長女ちゃんの母性本能をくすぐるかもしれませんね♪
プロフィール

ミサ

Author:ミサ

○手芸が好き
○シンプルであたたかみのある北欧インテリアが好き
○シンプルライフを目指して、断捨離継続中
○夫、息子(2010年12月生まれ)、娘(2013年11月生まれ)と4人暮らし
○息子は2歳7ヶ月から英語スタート

☆コメントいただけるとうれしいです♪



にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ほしいもの
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR